record shop DIGDIG TAKEN

PAGE SELECT

TOTAL Pages 1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAKEN “THIS IS FOREVER The B-sides Collection / Tribute to TAKEN”2CD 入荷しました!!!

TAKEN
“THIS IS FOREVER The B-sides Collection / Tribute to TAKEN”2CD

入荷しました!!!

599991114_233.jpg

DISC1全14曲、DISC2全10曲の2DISC仕様
・DISC1には、SAOSINのBeau Burchellがプロデュースしたラスト作“Between two Unseens”の楽曲の別テイクバージョン、初期7inchアナログの楽曲、DEMOの楽曲、さらにライブトラックとそのすべてが日本未発表という驚愕の内容(ほとんどの楽曲が本国アメリカでも入手不可能または未発表音源)!!!!
・DISC2には、日本を代表するエモ・スクリーモ・叙情派ハードコアバンドによるTAKENのカバー曲を収めたトリビュート盤!!!!

・アートワークはTAKENのオリジナルギタリストであり、すべての作品を手がけているChad Tafolla(Beneath The Sky)!!!!!

収録曲:
THIS IS FOREVER DISC 1(TAKEN B-SIDES COLLECTION)
01.Arrested Impulse
02.Swirling Memories
03The Duke
※SAOSINのギタリストBeau Burchellプロデュースのもとレコーディングされた、’Between two Unseens’の楽曲の別テイクバージョン
04.Haven
05.Crayons
06.Bloodstar
07.Pop Song
※1998年にリリースされた7inchに収録
08.Martyr
09.Let It Slip
10.Existence
11.Paper Clip
12.Release
※1997年にリリースされたDEMO
13.Coward For You
14.Drowning In Numbers
※カナダでのライブ音源

DISC 2(Tribute to TAKEN)
01. Coward For You / endthisnewbeginning
02. Dress Rehearsal / filosofem
03. Overshadowing at 100 East / nature living
04. What’s Best Right Now / broadside
05. Treaded Paths / lost
06. Swirling Memories / basquiat
07.Typical Cliche / ether of clearquake
08. Arrested Impulse / tenho
09. Never In Answer / within the last wish
10. The Best I Had/ evylock


TAKEN(テイクン)は1997年夏に、友人5人で結成された。これまでにGoodfellow recordsから3枚のCDをリリースし、アメリカ本国のみならず、ヨーロッパや日本でも爆発的な売り上げを記録し、「叙情派ハードコア」「エモメタル」なるジャンルまで生み出し、この手の音楽を一気にメジャーのフィールドへと押し上げていくのである。This Day Forward、The Rise、Curl Up and DieらとU.S&CANADAツアー、2003年には、アメリカで最も大きなラウドロックフェスティバルであるHELLFESTのメインステージにも参戦!そして遂にアメリカの大手メジャーレーベルからもオファーがあり、ほぼ契約が決まったという矢先に、ドラムのジュアンがバンドを脱退。残りのメンバーもこれ以上TAKENとしての活動を続けることが難しくなったために、2004年春に突然の解散表明。そして2004年6月27日、地元カルフォルニアのアナハイムにあるCHAIN REACTIONにて、全叙情派ハードコア、エモメタル、スクリーモの先駆けとなったTAKENは、惜しまれつつもその約7年間のバンド活動に幕をおろす(のちにこのラストショウが収録されたDVD付CDもリリースされている)。現在メジャーで活躍中のあのSAOSINやALEXISONFIREといったバンドも、もともとTAKENに見いだされ前座としてチャンスをもらって飛躍したという経緯があり、これら多くのバンドからリスペクトされ続けている。こうしてTAKENは、解散した今でも叙情派ハードコアやエモメタル、スクリーモのバンドから絶対的な存在として多くのフォロアーを生みだし、ファンに愛され続けられているのだ。現在メンバーは、RayがMIKOTOにボーカリストとして在籍(これまでに2タイトルをFLRからリリース、07年2月JAPAN TOURで来日しIndependence-Dにも出演)、NickがベーシストとしてCIRCA SURVIVE(元SAOSIN、THISDAYFORWARDらのメンバーとともに結成されたスーパーバンド!)に在籍、他のメンバーもBleeding Throughに在籍したりと、それぞれ国内外問わず絶大な人気を誇るバンドへと成長している。そして、そのTAKENの集大成とも言うべき作品が2008年FLRから遂にリリースされる!すべての叙情派ファンに捧ぐ、ここにTAKENは幻から蘇り再び伝説を刻むのだ。
スポンサーサイト

SERCH

twitter

..........


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。