record shop DIGDIG RADICAL EAST/VATO

PAGE SELECT

TOTAL Pages 1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Y.D.BとFIVE NO RISKのsplit入荷! VATOとRADICAL EASTものも新、再入荷!

大阪の次世代を担う2バンドによるsplitが入荷!
他にも色々入荷!



Y.D.B, FIVE NO RISK / split (cd) Vato \1000
FMPro17.jpg

大阪のY.D.BとFIVE NO RISKのsplitがT.J MAXX、BOXED INの水田氏プロデュースにより名門ラディカルイースト内のVATO RECORDSよりリリース!
まずY.D.Bは様々なハードコア、パンクサウンドを通過したかのようなロッキンハードコアサウンドで男気溢れる渋くかつキャッチーな楽曲を展開している。
そして、岡山でも今年始めにライブを行ったFIVE NO RISKはデモ、コンピ等を経ての待望の新作。
これまでの流れを組んだキモーショナル、、いや、エモーショナルオールドスクールハードコアサウンド!
泣き泣きに疾走しながらも時折見せるメタリックなギター、エモーショナルなメロディーを組み込んだ楽曲にEX-CのギターでもあるFe氏のハイテンションにアツく叫ぶボーカルがのる!
両者ともインパクトある存在感を見せる好split!!! 各3曲入りの全6曲!




V.A / total war (cd) Vato \1200
mervato03.jpg
VATOよりリリースの関西を中心に活動している5バンド(abfaldとTIME HAZ COMEは解散、、、)を集めたコンピ!
まずB-SIDE APPROACH(奈良)がBlood for blood、Wisdom in chainなんかを思わせる男気溢れるNYHCスタイルなサウンドを披露!拳を握り締め、突き上げたくなるような男臭くアツいナンバーを2曲!
abfald(神戸)はex-Depressedのメンバーも在籍しミリタントニュースクールサウンドを更に進化させた邪悪かつ凶暴、そしてドラマティックな展開を見せる!43URBANのメンバーもゲスト参加!
惜しくも解散してしまったTIME HAZ COME(京都)はNORDeのハルキ氏も在籍し、独特なビートダウン、NYHCスタイルなサウンドにこれまた独特なボーカルスタイルが乗る唯一無二のオリジナルハードコアサウンドでとにもかくにもカッコよ過ぎです!!!
こちらも京都のBALL BUSTERS(京都)はNYHCをベースにファンキーでロッキンなフレーバーを感じさせる楽曲を披露!
そしてT.J MAXXの水田氏も在籍のBOXED IN(大阪)はGISMなんかを思わせる古き良きジャパニーズメタルコアサウンドを軸にNYHCなんかの要素も感じさせるオリジナリティー溢れるサウンドでやばい!
各2曲の10曲収録!
大推薦!




B.D.UNION / bdhc (cd) Radical east \1800
merre34.jpg
現在は待望の3rdアルバムを制作中の大阪が誇るハードコアバンドの一つであるB.D.UNIONの名盤セカンドアルバム!
とにかくアツい!重厚でストロングなタフネスなNYHCサウンドに強烈なモッシュパート、ビートダウンを組み込み、男気溢れるコーラスパート、そしてアンガーなメッセージを叩き付けるアツいボーカルが最高にかっこいい!!!
これぞBDHC!!!
シンガロング、モッシュ必至のブチ上がれる10曲入り!大推薦!




COURAGE FOR LEAGUE / songs for unity (cd) Radical east \1200
merre41.jpg
ex-ONE LINEのメンバーの新バンドである名古屋のCOURAGE FOR LEAGUEのRadical eastよりリリースの5曲入りとなる初単独音源!
ONE LINEで見せたキャッチーでメロディアスなポジティブユースクルーサウンドの流れを組んだ楽曲を更に進化させたセンス溢れるナンバーを披露!
Gorilla biscuits、Kid dynamite、Carry on、Champion、そしてLast one standingが好きな方に是非聴いてもらいたい1枚!!!




NORDe / 『 』 (cd) RADICAL EAST \1200
mer-re-43.jpg
結成7年、、、遂に京都暗黒世界からの贈り物が到着!!!
京都ハードコアNORDE待望の4曲入り単独音源!
これまでのリリースはデモ音源数本とV.A/keep his~に参加だけとゆう活動暦とは逆に正式音源がほぼない状態ながらもその圧倒的なライブパフォーマンスと楽曲のクオリティの高さ、
rebel familiaとの共演や様々な方面に向けられた活動スタンスが各地で絶大な支持と注目を浴びてきた彼等。
初期はニュースクール的イメージが強いですが徐々にサウンドが変化。
グラインドやドゥーム、スラッジ、カオティック等の様々な要素を吸収して作り上げられた今作はヘビィで凄まじく暗黒臭が漂う作品となっています。
暗黒が渦巻く底無し沼に引きずり込まれるかのような暗く、重いスローパート、ビートダウンパート?から、ニュースクールでカオティックなエッジの効いたパートも勿論組み込まれた楽曲にVo.ミズノ氏のゴッついボイスとギター.ハルキ氏の地獄の底から叫ばれるかのようなコーラス、シンガロングパートがのったサウンド。
個人的には全てがモッシュパートかのような感覚に陥ってしまった。
ラストのラストに繰り出される激烈ケイオスグラインドハードコアナンバーも最高にかっこいい!
アートワークも真っ黒!
black ganion、corrupted、not Ⅱ belikesomeone、極悪ハードコアからスラッジ、ドゥーム、カオティック、全ハードコアファン要注目!
大推薦盤!
ちなみにドラムのシュンキ氏はLAST ONE STANDINGにも在籍!
ハルキ氏は名古屋のグラインドバンド、GANG UP ON AGAINSTにも在籍している。




LAST ONE STANDING / break the silence (cd) Radical east \1500
merre35.jpg
2003年リリースの滋賀のLAST ONE STANDINGの名盤1stアルバムの再発盤!
いまや日本を代表するユースクルー、オールドスクールスタイルのハードコアバンドであるLAST ONE STANDINGの初単独音源となる今作は、
現在もライブでプレイされる名曲ばかりを収録した内容で、
勢いよくかっとばす疾走感溢れまくりかつ、
キャッチーな楽曲にビッグシンガロングパートを随所に組み込んでいる。
古き良きハードコアを通過しながらも、泣きのメロディアスなパートもとりいれたサウンドにLAST ONE STANDING節を絡めた様は現在多く見られるモダンオールドスクールやメロディックハードコアなんかとはどこか違う雰囲気をかもし出していると感じる。
ゲスト参加にはCrow dragon tea、naiad、Meaning of life、NORDe等のメンバーが参加!
9曲プラス再発盤限定でのボーナストラックでV.A/keep his~に収録の楽曲がプラスされている!
スポンサーサイト

SERCH

twitter

..........


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。