record shop DIGDIG evylock! IT PREVAILS! 日米叙情派ハードコア split! 入荷!

PAGE SELECT

TOTAL Pages

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

evylock! IT PREVAILS! 日米叙情派ハードコア split! 入荷!





新入荷!

go forward keep records web shop
http://goforwardkeep.ocnk.net/




IT PREVAILS, evylock / re:findings split (cd) Falling leaves \1500
61eqF4M5qM.jpg
札幌の良質レーベルFalling leavesからの新作到着~!Falling leaves主催であるコウキ氏率いる日本叙情派ハードコアを代表する北海道は札幌のevylockとUSはオレゴン産、これまた現在のUSを代表する叙情派ハードコアバンド、ここ日本でもすでに高い人気を誇り、Falling leavesより日本盤もリリースしていたIT PREVAILSによる日米ガチンコ叙情派ハードコアsplitがリリースされました!
まさに現在の日米の叙情派ハードコアを代表する2バンドによる最高に涙腺を刺激しまくる素晴らしい一枚に仕上がっております。
まずIT PREVAILSは2006年にオレゴン州ポートランドにて結成された5人組。これまでにRISE RECORDSとRain City Recordsより2枚のアルバムをリリースし、USツアーやヨーロッパツアーを重ねる、前作“Capture & Embrace”はFALLING LEAVESより日本盤もリリースされ、自国はもとよりここ日本でもその注目度は高い、そのIT PREVAILS、今作はUS限定でLPフォーマットにてリリースされれていた音源の3曲をリマスタリングし収録、2ndアルバムからの延長線上にある楽曲は相変わらずの美しくも、フワァーとした浮遊感漂う涙腺刺激しまくりのエモーショナルなメロディラインを武器に展開される極上の叙情派ハードコアサウンドで素晴らしいです!あまりにもドラマティカル過ぎる曲展開、感情を振り絞りきるほどに突き刺さる絶叫、前にも書いたけどナヨッとした感じではなくあくまでハードコアな路線をキープしアップデートしてくるあたりがやはりIT PREVAILS大好きです。3曲を収録!
そして対するevylockは1998年に札幌にて結成の5人組、これまでに2度のUSツアーを経験、伝説の叙情ハードコアバンドTAKEN、そしてTAKENのメンバー率いるmikotoの日本ツアーをそれぞれサポート、PUMP UP THE VOLUME FEST、POWER STOCKなどなどの大型フェスにも参戦し、EARTH CRISISやFACT、BRAHMANなどの大物バンドとも共演、今作には新曲3曲を収録、これがまた個人的にevylock史上一番ヤバイんじゃないかと思う楽曲で、とりあえず歌詞が完全日本語になっていて、まずしょっぱなのオールドスクール調な泣き泣きの疾走パートで悶絶!めちゃくちゃやばいー!Next style!?個人的にThis is サッポロ!な雰囲気をここに完全に感じ、グッサーと突き刺さりまくり、コウキ氏の日本語ボーカルもしっくり、バシッとはまっていて、絶叫からスポークンなパート、唄までをこなし存在感抜群、2曲目にはスポークンなパートを多用し、エモーションを時に染み込ませるように時に叩きつけるように放ち、壮大なサウンドスケープを見せつける楽曲、そしてラスト
には明日への希望の光が照らしつけるようななんとも明るいメロディーラインが印象的な楽曲を披露、収録3曲、それぞれに様々な表情を見せ、どれも素晴らしい仕上がりです。これはマジでやばい!
豪華デジパックジャケ仕様で“RE:FINDINGS”をテーマに、アートワークに用いられた写真はすべて1980年代の南米で撮影された当時の写真を使用し、この作品の内容と共鳴、トータルで素晴らしい一枚となっております。全6曲入り!













こちらも発売中!!!

evylock / INTO THE NORTH (cd) Falling leaves \500
evylockjacket.jpg
北海道は札幌のエモーティブハードコア!evylockの2010年最新作となる3曲入りcdepが、もはや説明不要、全叙情派ハードコアファン要チェックなevylock、Voのコウキ氏主催のレーベルFalling leavesからライブ会場と店舗限定でリリース!!!!限定500枚!!!!
北から、また、また、、、新たな叙事詩が刻まれる、、、
1998年の結成以来、北は北海道から常にエモーションをぶちかまし続けるevylock、、、あの伝説的エモーティブハードコアtaken、そしてそのtakenのメンバー在籍のMIKOTOとのツアーをはじめこれまでに数多く海外バンドのサポート、Falling leavesのレーベル活動などなどで、その注目度は高まるばかりだ!結成12年目!になるらしい2010年も、その勢いは留まることをしらない!
Shai hulud、Strong armなどのフロリダ産の叙情ハードコアからの影響を多大に受けながら、スクリーモ、エモメタル、エモロックなどの要素もぶちこみ、そしてやはり個人的に北の、北海道とゆう土地で育まれたエモさを感じさせるプログレッシブかつ激情的で壮大なドラマティカルな楽曲にその北海道の冷涼な大地を切り裂くような、鋭い絶叫と熱い叙情歌を放つコウキ氏のボーカルが響き渡る、、、。
"INTO THE NORTH(北へ)"と題された今作は、アラスカ、マッキンリーに消えた冒険家、植村直己氏の冒険心にインスパイアされた作品となっていて、新曲「霧の残像」と、昨年リリースされたV.A "YOU NAME IT"に収録されていた「孤独に満たされた世界」の新録、さらにさらにevylockの代表曲である、個人的にも大好き、ライブでもお馴染みのFuneral dinerとのsplit cdに収録の「Needless of pine」の日本語ver「松の針」として再録の全3曲を収録!
吹雪の中犬ぞりでいくジャケもなんだかエモ過ぎて最高です!




evylock / silent spring (cd) falling leaves \1000
20071218033514
新作としては実に3年ぶりとなる待望のリリースとなった札幌産エモーティブハードコアバンドevylock、今作は前作となるfuneral dinerとのsplit以降に行われたusツアーや自身のレーベル活動、ex-takenによるエモーティブハードコアヒーローmikotoの来日ツアーサポート等などによって培われ、更にレベルアップしたevylockを感じることが出来る。
プログレッシブな要素が前に、エモーショナルパートは更にエモくなり、
叙情派ニュースクール、スクリーモ、エモメタル等を独自に消化しevylockスタイルを作り上げている。
深みを増したvo.コウキ氏のスタイルも聴きどころ!
全5曲、元evylockで札幌から注目のポストロックバンドROのメンバーもゲスト参加!
更にプロモクリップ映像も収録!

1.Silent spring
2.Aurora
3.Indigo sky
4.The journey to the unknown world
5.Children of the dust

・エンハンスド映像で“The journey to the unknown world”のプロモクリップを収録
・レコーディングエンジニアには、THA BLUE HERB、MIC JACK PRODUCTION、SLANGらを手がける龍田氏/SMASH STUDIOを起用!
・マスタリングエンジニアはHOPESFALL、NORMA JEAN、LIFE IN YOUR WAY、UNDEROATH、EMERY、MXPXといった数々のバンドを手がけてきたTroy/Spectre Studioを起用!!!
・ゲストミュージシャンとして札幌で活躍中のポストロックバンドROの山口氏(ex-evylock)参加によるインスト曲“Silent Spring”収録
・ジャケットアートワークはPreacher Gone Texas、Community Trust、MyproofやWithin the last wishといったバンドを手がけているModan Classic Style(www.modernclassicstyle.com)による豪華12pブックレット仕様。





evylock, LOST, Nature Living / 3way split -A Decade In Three Ways- (cd) Zestone/Falling leaves/Theory & practice \1575
51ju9uq2.jpg
札幌のevylock、大阪のLOST、東京のNature Livingという、それぞれ精力的に国内外で活動している国内エモ/スクリーモ/ハードコアシーンにおいて高い人気と支持を獲ている3バンドによるスプリットアルバム『A Decade In Three Ways』が3バンドそれぞれが主催するZestone、Falling leaves、Theory & practiceの3レーベル共同でリリース!!!
本作はレーベル、ジャンル、バンドすらの枠を超え、それぞれが歩んできた10年間とゆう年月を記念して放たれる全6曲収録の3ウェイスプリットアルバムで3バンド未発表の新曲を披露しつつ、お互いの代表曲をそれぞれ別のバンドのヴォーカルで再録するという前人未到の企画で夢のコラボ曲を収録!!!
全6曲入りでジャパニーズエモ、スクリーモ、エモーティブハードコア史に残るであろう問題作!!!





IT PREVAILS / capture & embrace (cd) FALLING LEAVES \1575
it_prevails_-_capture_and_embrace.jpg
ここ最近の叙情ニュースクールハードコアシーンにおいてかなりハイクオリティな楽曲でここ日本でも人気が高いIT PREVAILSの新譜が北海道は札幌のevylockのVoコウキ氏による良質レーベルFALLING LEAVESよりリリース!!!
前作はこれまたここ最近のメタルコア、スクリーモのシーンにおいて絶大な支持を得るRISEよりリリース、しかしながら新作となる今作はレーベルを移籍!ex-EVER WE FALLのギタリストが新らたに立ち上げたレーベルRAIN CITY RECORDSよりリリース!その国内盤がこれだー!
ここ最近、個人的にはこのIT PREVAILSとSaints never surrenderとCrossbearer(まじで最高す!)この感じのサウンドで3トップて感じでえらくハマってしまっていたのですが、やはり今作もここ最近のエモ、叙情ハードコアの音源においてかなりのトップクラスにはいるであろう素晴らしい仕上がりとなっていて、しょっぱなからギターの音の鳴り!そしてバンド自体から滲み出る雰囲気がこれぞ叙情派!!!て感じで、前作に比べるとクリーンボーカルパートが増えたものの、またこのエモくなる流れか!なんて感じる人もいるかと思いますがスクリーモ路線とかじゃなくてやはり叙情派ハードコアな印象を受けます!それこそLife in your wayなんかからの影響も強く感じさせるサウンドで優しく、美しく、浮遊感漂うようなメロディラインを基盤にしながらもパワフルでいてアグレッシブな楽曲は疾走パート、エモブレイクダウンなんかももちろん組み込み、そこに力強く振り絞り系に叫ぶボーカルとクリーンに歌い上げるボーカルが交錯し、Life in your way、Shai huludなんかにも負けず劣らずなクオリティの高さを見せてい
ます!
叙情派ハードコアからスクリーモ好きまで是非是非是非!全10曲入り!大推薦!













スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

SERCH

twitter

..........


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。