record shop DIGDIG 3cm tour!!! またまたまたまたまた再入荷ーーー

PAGE SELECT

TOTAL Pages

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3cm tour!!! またまたまたまたまた再入荷ーーー





再入荷でっす!

go forward keep records web shop
http://goforwardkeep.ocnk.net/




3cm tour / 4seasons 12month (cd+dvd) Say hello to never \1890
k648170200.jpg
ふとした瞬間から"3cm tour"をよく聴いていた、そんな時
『3cm tourのdiscographyが出る!』
なんてニュースを見てたまらなく興奮したのを覚えている。
自分はこれまでリリースされた音源は全て持っているんですが、なんと未発表音源も収録、更にはdvdまで付いちゃってるって言うじゃないですか!もう楽しみに楽しみすぎに待っていた作品が遂にこの世に産み落とされたわけです!
"3cm tour"は現在大人気のkillieやnenem、As meiasなんかのメンバーが在籍し2000~2004年に活動していた伝説的激エモバンドで、
これまでにdemo cdr、Umbra(めっちゃかっこいい!)とのsplit、after foreverとのsplitなんかをリリースし、現在それらの音源はレア化し手に入りづらい状態でした。
そんな中リリースされた今作はこれまでに発表したリリース作品にライブ音源やスタジオ録音の未発表曲を追加収録し、更にdvdを付けた超豪華2枚組仕様!!!
しかも、歌詞は勿論、曲解説や今作をリリースするにあたってのことや、これまでに受けたインタビューやバンドヒストリー等が掲載された豪華ブックレット付き、更にジャケもかなり洒落たアートワーク、そしてcd、dvdの盤面もシースルー仕様でめちゃんこにお洒落です!
そんな"3cm tour"の奏でるサウンドはtoe~pele~tortoiseなんかを思わせるインストポストロックの美しく、クリーンで爽快なサウンドとEngine downを思わせる陰鬱でどこかうす暗い雰囲気、dip legを感じさせる激情的ながらももの悲しげで、儚くも、どこか暖かく、優しさに溢れたりと曲によって様々な顔を見せながらバラエティに飛んだ楽曲を聴かせてくれる。
その独自の解釈で演奏されるサウンドはThere is~、Bluebeard、Kulara、初期Nine days wonderなんかの日本を代表する伝説的な激エモ、激情系、エモバンドにも全くひけをとりません!!!
cdが12曲入り、dvdが11曲です!
toeが好きな人、Engine down、dip leg、Killie、As meias、Bluebeard、nenemが好きな人には絶対にチェックしてもらいたい作品。とにもかくにも超大推薦!!!



3cm tour [youtube]












こちらも是非!!!

KULARA / 1997-2001 hue (2cd) Mitsu \2800
B000V2RX.jpg
現在メンバーはas meiasにも在籍している日本の激情、エモシーンにおいて語り継がれるであろう伝説的バンド「KULARA」のタイトル通り1997年から2001年の活動期間に発表された全音源(すべて廃盤…。)にファン悶絶な2001年11月15日にShelterで行われたライブ音源と97年にレコーディングされた未発表音源を追加した完全音源集が蜜よりリリース!
テープ2本とCD2枚を残し解散した言わば伝説的とも言えるバンドながら完成されまくったそのサウンドスタイルで活動当時より異彩を放っていたクララ、現在活動する激情、エモなハードコアバンドに確実に大きな大きな影響を与えている。
過去のリリースについては各テープは数百本づつ販売、1stCDは500枚完売、2ndCDは1500枚制作、こちらも完売。
現在メンバーはhununhum、reach me down、mermort sound film、as meiasなどで活動中、現在メンバーが活動するこのバンドも相当に良いですが、
やはりその原点はここにあるのです、、、
まずは一枚目の初期のカセット音源、これは今作にて初聴きだったのですが所謂、激情ハードコアサウンドで1997年辺りにこの音をブチかましていたと思うとそれはやはり素晴らしいポテンシャルを持っていたと感じさせます、もちろんやばいです!初期Envyやゼアイズ、Next styleなんかにも負けず劣らずな激情感溢れる楽曲を見せています、そしてここからです、ここから徐々にKularaのオリジナリティをより放つ1st cdに流れていくのですが、cdの音源は二枚目に収録、勿論一枚目の初期音源でもその片鱗を見せていましたが、1st cdのはじめからゾックゾクに鳴り響く不況和音、ぐぉーや、やばい、完全にキれている!変則的に猛烈にスリリングに展開される楽曲は時にダンサブルに、もの悲しーい、エモーい雰囲気も見せながら、そこから不穏さバチバチに激しく、冷徹かつ残虐ともとれる無情なまでに襲いかかってくる音の洪水、、、そこにぶちギレに暴れまわるように痛烈な絶叫が絡んだ、ピリピリ過ぎる張り詰めた壮絶なテンションで繰り出される音はもう悶絶、、、最高すぎます!
最近出たTHERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUTの音源集と同じくまだ聴いたことのない人は確実に必聴作品です!全20曲入り!でCDの帯にはex-ゼアイズ、現Zの根本氏のコメント付き!




THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUT / SHOUTou (cd+dvd) GROK PLASTIQUEPOS \3500
there.jpg

・DVD 
"光源"
ドキュメンタリー映画+特典映像:早稲田大学学生会館「消灯」ライヴ収録

・CD 
"点灯"
1. SURU
2. THIS FLAVOR
3. BOX
4. DISTANCE
5. PARALLEL
6. MOERO
7. ICHIBAN-SHITA
8. KARERU
9. HIJYOUJITAI
10. Hole
11. ISI
12. UnKnOwn


【THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUTについて】
1998-2002年に活動していた暴発型個人感情表現楽団。
現在の所謂「エモ系バンド」に多大な影響を及ぼしている。母体はSWIPEという、ENVY,KULARA,NINE DAYS WONDERと同世代(その中でも活動開始は一番早かった)の日本版激情HARD COREオリジナル楽団。SWIPEのメンバーであった根本潤・歩兄弟と魚頭 圭に森 暁生を加え結成。1990年代後期の海外の激情HARD COREのバンドのライフスタイルと自主経営レーベル方式を実践していた。
具体的にその方式とは、「自主制作(CD、Tシャツ、バッジ)」「自主演奏会企画(新しい演奏場所開拓しつつ低価格でライブを開催)」「コミュニティの活性化(自主制作雑誌の発行)」であり、その根源はメンバーによる一軒家での共同生活であった。国内外の楽団関係者も多数この家に滞在することにより、より多くの情報と情熱を発信できたのである。
また、海外レーベルからも常に作品が同時にリリースされていた(1stALBUMは米dimmakより、SPLIT singleは仏waiting for an angelより)。現在はZ(根本 潤・歩、魚頭 圭が在籍),ASMEIAS(魚頭圭が在籍),hununhum(根本 潤・歩が在籍),Thin(根本 歩が在籍)とメンバーが重複しながらもより進化した音楽、文学性が進化・深化した楽団にそれぞれが所属している。


【作品について】
本作品「SHOUTou」(消灯)は、1998-2002年に活動した現在の「エモ系バンド」の元祖であるバンドの1つ、There Is A Light That Never Goes Outの2001年から2002年の彼らを記録したドキュメンタリー映画「光源」のDVD(123分)と、Complete Discography CD「点灯」を一つにした完全以上盤だ。
「光源」DVDは、久保田穣が映像作家として撮影~構成~編集まで行っている。当時映像学科の学生だった彼の卒業制作として創られた映画を大幅に再編集したものであり、当時の楽団の生活に密着しながら彼独自の感覚で多くの貴重な場面を捉えたものだ。この映画から2002年当時の20代中盤の人間の音楽以外の創造性が垣間みれる。
また、「光源」DVDの特典として早稲田大学学生会館で行われた完全自主運営企画「消灯」ライブが収められている。「点灯」CDは、2000年に発売された1stCD「IE(イエ)」と、2002年に発売されたフランスのバンドvanillaとのSPLIT single CD、初めて音源化となる楽団末期の2002年のライブより3曲が加わったものである。全12曲収録。












スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

SERCH

twitter

..........


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。